数多くのスポーツジムを
渡り歩いた男性のブログ
スポーツジムのこと、身体に関すること書いています
スポーツジム

民間スポーツジムの長期休み、気分転換にもなる公営施設の利用

こんにちは、ヨッシーです。

これからはじまるお盆休み。

休みの期間にみっちり運動しようと思っても
民間のスポーツジムってお盆休みがあるところが多いんです。

あなたの通っているスポーツジムはどうでしょうか?

そうなると長期間休むことになりますよね。

お盆休みも体をなまらせたくない。

そんな方には公営のスポーツジムはおすすめです。

公営のジムはお盆期間中でも営業しているところが多いんです。

ちょっと利用してみようかな?と思う方はぜひ読んでみてください。

面倒なのは初回だけ

民間のスポーツジムなら施設を利用する上での「初回講習」というものがあると思いますが
公営のスポーツジムでもほとんどの施設がこの初回講習というものが約20分~30分程度あります。

やはり施設ごとのルールというものがありますので
決まりごとを無視されて勝手に使われては施設側でも困るでしょうし
他のお客さんにも迷惑がかかりますからね。

それと公営施設とはいえ、会員カードを作る施設もあります。

私は公営2施設の会員カードを持っています。

会員カードを作る上で住所や氏名、自宅の電話番号などを記入させられますが
これは施設側が会員に何かあった場合、(例えば運動中に倒れたとか)
どこの誰だかわからないと家族にもすぐに知らせることができない場合があるからです。

面倒なのはこれくらいでしょうか。

後は自由に時間制限まで(だいたい2時間くらい)使えます。

民間と違い時間制限がある施設が多い

民間のスポーツジムでしたら営業時間内なら何時間でも使用していいことになっていますが
公営の場合は時間制限のある施設が多いです。

だいたい2時間の施設が多いです。

時間制限を過ぎて使用していると追加料金が発生する場合があるのでそこは要注意です。

私もついうっかりして時間をオーバーしてしまい、大目にみてもらって事なきを終えましたが
融通の利かない施設もありますのでチェックイン時の時間は分単位までチェックすると
安心してトレーニングができます。

アメニティが充実していない?

ドライヤー、ブラシ、綿棒、整髪料とアメニティは充実している民間のスポーツジムですが
公営ではこれらが全くない施設があります。

私が現在利用している施設は全くありません。

以前利用したことある施設ではドライヤーはありました。

ドライヤーがあると思って頭からシャワーを浴び髪を乾かそうと思ったら
ドライヤーがないなんてこともありますので
シャワーを浴びる前にその辺のところもチェックしたほうがよさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

民間のスポーツジムを利用していると
公営は使い勝手が悪い部分もありますが
お盆期間中に営業しているという部分ではありがたい面もあります。

一度初回講習を受けてしまえば来年、そして再来年と利用できますので
お盆期間中もトレーニングしたい方はぜひ
公営のスポーツジムも利用してみてください。