数多くのスポーツジムを
渡り歩いた男性のブログ
スポーツジムのこと、身体に関すること書いています
スポーツジム

ジム帰り時の車の急なタイヤのパンクやバッテリー上がり!あなたならどうする?

タイヤのパンク

トレーニングを終えてジムの駐車場で自分の車を見てみたらタイヤがパンクしていた。

またはエンジンを掛けようとしたらバッテリーが上がっていてエンジンがかからない。

そんな経験はありませんか?

幸い私は今までありません。

ですが不安はあります。

帰り際に、しかも夜にパンクなんかしていたらと思うと・・・

雨の日なんか最悪ですよね。

ですのでJAFに入会しました。

JAFとは「バッテリー上がり」「キーの閉じこみ」「タイヤのパンク」などの
路上でのトラブルを全国ネット年中無休24時間体制でカーライフをサポートしてくれる会社です。

入会金は2,000円、年会費は4,000円です。

最初に入会金を払ってしまえば、あとは1年更新で4,000円。

1年間4,000円で安心料が買える。

私にはものすごく安く感じたので入会しました。

夜の大雨の時、ジャッキアップしてスペアタイヤに取り換えるのを自分でしなくてもいい。

それを考えると気も楽です。

「タイヤのパンク」「バッテリー上がり」「キーの閉じこみ」はジムの駐車場に限らず
どんな場所でも起こる可能性はありますからね。

それとJAFに入会してればJAFと協定を結んだ全国のいろいろな施設をJAF優待割引料金で利用できる。

これらを多く利用すれば年会費の元は取れてしまうかもしれない(笑)

私はピザハットあたりを利用してみたいですね。

ご興味のある方。

JAFの公式サイトはこちらです。
↓ ↓ ↓
JAF公式サイト:http://www.jaf.or.jp/

日頃の点検も重要

突発的なタイヤのパンクや、ついうっかりのキーのとじ込みは別として
バッテリーなどは自分でも点検出来るので液が減っていないかとか
古くなってきてもうそろそろ交換する必要があるのとかはボンネットを開けて日頃からの点検も必要ですね。

いくらなにかあったらJAFが来てくれるとはいえ、なにかあればそれだけ帰る時間が遅くなりますからね。

誰だか知らない他人には頼みずらい

バッテリーが上がってしまった時は自分で車の中にバッテリーのケーブルを積んでいれば
ジムから出てきた人に頼んで車をつないでもらうことも出来るでしょう。

ですが仲のいい人ならともかく、全く話したこともない他人にはなかなか頼みずらいです。

トレーニングが終ったらさっさと早く帰りたい方って多いですからね。

ジムのスタッフにならこちらがお客なので頼めばOKしてくれるかもしれませんが
私は今エニタイムフィットネスに通っていてスタッフが不在の時も通っているので
その点今はJAFに入っているので他人に頼む必要もなくなりました。